MENU

活動報告

2017.10.11

EIIT 所長メッセージ

EIIT

ユーラシア産業技術研究所(EIIT)は中央アジア・コーカサス諸国、国際組織APENが活動するASEAN諸国、日本の関係機関・団体・企業をつないで高度産業人材育成、中小企業振興の分野での協力を促進することを目的として設立されました。
2015年10月の日本国総理大臣の中央アジア歴訪に当たり各訪問国で発表された共同声明には、日本型の工学教育による高度産業人材育成について日本の新たなイニシャティブを歓迎し、地元中小企業振興に向けて協力していくことが確認されました。これを受けて2016年には中央アジア諸国関係者が日本を訪問し、APEN事務総長である産業技術大学院大学 (AIIT)の前田充浩教授 との協議が始まりました。
2017年9月から10月にかけて前田教授を団長とするAIIT 調査団がキルギス共和国、カザクスタン両国を訪問し、バランスのとれた経済構造実現のための地元中小企業の振興、中小企業製品の輸出振興、日本企業の誘致の重要性について関係者と意見交換を行いました。キルギス共和国ではローザ・オトンバエヴァ元キルギス共和国大統領閣下との会談で高度産業人材育成の必要性について激励と示唆をいただき感銘を受けました。
前田教授のAIIT調査団に参加したわたしはEIIT設立にあたり、その責任者として参加させていただくこととなりました。国際連合工業開発機関(UNIDO)、欧州復興開発銀行(EBRD)で地元中小企業向けファイナンスと技術協力プログラムの責任者として積み重ねた経験を、EIITの活動のために役立てたいと考えています。
 
EIIT 所長 中沢 賢治